経済

融資金額の設定

多く借りるか楽に借りるかを選択する

お金

事業資金における融資は、従来は金融機関が提供していたサービスでした。 しかし、金融機関の事業資金の融資に関しては大手の企業や事業主しか借りることが出来ないという性質があったのです。 実際、中小企業が銀行に事業資金の融資の申請をしても審査で落とされることが多い時代がありました。 その影響もあって、現在では銀行のような金融機関だけではなく消費者金融などの貸金業者も融資を提供しているのです。 銀行の事業資金の融資では厳しい審査が多いですが、その代わりに非常に多くのお金を貸してもらうことが出来ます。 反対に、消費者金融の融資では審査が甘い代わりに融資の金額が若干小さくなってしまうこともあるのです。 どちらを利用するかは、それぞれの事業主の状況に依存すると言えます。

消費者金融でも数千万円は融資してもらえる

消費者金融の融資は、確かに銀行と比べてそれほど大きくはありません。 例えば、大手の銀行は事業が上手くいっている会社であれば数十億円というお金を融資することもあります。 しかも、大手の会社になればなるほど利率が小さくなる傾向にあるため、大手の会社であるほど銀行でお金を借りたほうが特になるのです。 反対に、消費者金融では事業資金として最大で数千万円というお金しか借りることが出来ません。 しかし、審査が簡易的であるため銀行で審査を落とされたとしても消費者金融でならばお金を借りることが出来ることも往々にしてあります。 消費者金融の場合は必要になる書類がそれほど多くはないため、審査に長い時間もかかりません。 中小企業にとっては使いやすいサービスなのです。

資金の調達

お金

自営業の人が銀行や消費者金融のカードローンの申し込みをすると、正社員の人よりも限度額を低く制限されてしまいます。フリーローンではなく、事業者ローンに申し込むと良いです。

Read More

審査が厳しい融資

お金

銀行や公的な機関から事業資金の融資を無担保で受けようとした場合、審査がとても厳しいものになります。不動産を担保とする事業性の融資を行うことで、時間をかけず審査を受けることができます。

Read More

事業のための資金

お金

事業資金とは会社が事業を行うにあたり使途するための資金のことです。手元にある自己資金では事業資金を賄うことができない場合、金融機関からの融資に頼るケースが多々あります。

Read More